2012年01月15日

rubyのqtbindingsとQtのGUIツール(designer.exe)でデザインしGUIを作る

前提:
・qtbindings
・qt-sdk-win-opensource-2010.04.exe
がインストールしてあること

1、スタート→すべてのプログラム→Qt SDK by Nokia v2010.04 (open source)→Tools→Qt esignerでQtのGUIツール(designer.exe)を起動

2、QtのGUIツール(designer.exe)で、pushButton、lineEditを配置し、untitled.uiで適当なフォルダに保存する

3、以下のコマンドを実行しuiファイルをrbファイルに変換する

>rbuic4 untitled.ui >untitled.rb

4、以下を適当なファイル名(main.rb等)で保存
#main.rb-----------------------------------------------------------------


require 'rubygems'
require 'qt4'
require 'untitled.rb'

class MyWindow < Qt::MainWindow
slots 'button_clicked()'

def initialize
super()
@u=Ui::MainWindow.new
@u.setupUi(self)
connect(@u.pushButton, SIGNAL('clicked()'), self, SLOT('button_clicked()'))
end

def button_clicked
@u.lineEdit.text="Clicked"
end

end

app = Qt::Application.new(ARGV)
w=MyWindow.new
w.show
app.exec

#main.rb end-------------------------------------------------------------

5、以下のコマンドを実行

>ruby main.rb

以上。


参考:
Qt をはじめよう! 第2回: Qt SDK のインストール Windows 編
http://labs.qt.nokia.co.jp/2010/03/15/install-qt-sdk-for-windows.html

VikiWiki - QtRubyのインストール
http://ashitani.jp/wiki/index.rb?p=QtRuby%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB
ラベル:ruby QtRuby
posted by sige at 02:50| Comment(3) | QtRuby | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

rubyからWindowsの実行ファイル(exe)を作るExerbをインストールする

1、ダウンロード - Exerb - SourceForge.JPより、ダウンロードしたexerb-5.4.0.zipファイルを「C:\exerb」等の適当なディレクトリに展開する。

2、Ruby に PATH が通った状態のコマンドプロンプトを起動し、展開したディレクトリに移動する。
>cd C:\exerb

3、以下を実行する。
>ruby setup.rb

4、以下を実行して、オプジョン情報やヴァージョン情報が表示されればOK。
>exerb


以上。

参考:
もし、exerb5.3.0でエラーがでたら以下を参照
RubyでexeファイルをつくるExerbについて | OKWave
http://okwave.jp/qa/q7001479.html
ラベル:Exerb ruby
posted by sige at 20:22| Comment(0) | ruby | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

RubyInstaller for WindowsのDevelopment Kit のインストール

RubyInstaller for Windowsの「Development Kit」カテゴリより、Development Kit をダウンロードする。
※自己解凍形式の7-Zipファイル

ダウンロードした 7-Zipファイルを「C:\ruby19\devKit」等の適当なディレクトリに展開。
続いて
Ruby に PATH が通った状態のコマンドプロンプトを起動し、Development Kit を展開したディレクトリに移動。
>C:\ruby19\devKit

ディレクトリの移動が完了したら、以下を実行。
>ruby dk.rb init

Development Kit を展開したディレクトリ内に「config.yml」が作成される。
 ※「config.yml」をテキストエディタで開き確認すると、RubyInstaller のディレクトリが記述される。

続いて、
正しく認識(記述)されているか確認する場合は、以下を実行

>ruby dk.rb review

続いて、
確認できたら以下を実行し、インストール。

>ruby dk.rb install

これで Development Kit のインストール完了。


動作確認として、
native extension がインストールできるかどうかを確認する場合は以下を実行。

>gem install rdiscount --platform=ruby

上記のライブラリが正常にインストールできたかを以下を実行。


>ruby -rubygems -e "require 'rdiscount'; puts RDiscount.new('**Hello RubyInstaller**').to_html"


HTML タグ(p、strong)で囲まれた「Hello RubyInstaller」が出力されればインストールが成功。

以上。

参考:
Windows の Ruby で native extension を使う
http://d.hatena.ne.jp/akishin999/20101004/1286204568
ラベル:devkit
posted by sige at 02:43| Comment(0) | ruby | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

gvimでRsense0.3を使う

前提:
OS : WinXP
ruby: Ruby1.9.2
java: java version "1.6.0_29"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_29-b11)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 20.4-b02, mixed mode, sharing)
gvim: vim73-kaoriya-win32


準備:
RSense - EmacsやVimなどに特化したRubyのための優れた開発援助ツール
より、
rsense-0.3.zip
をダウンロードしてください
(なぜかダウンロードに時間がかかった)

rsense-0.3.zipを適当な場所にインストール(解凍)してください


以下、
%RSENSE_HOME%はRSenseをインストールしたディレクトリに置き換える
%HOME%はホームディレクトリに置き換える


参考:ホームディレクトリ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AA

C:\My Documents - Windows 95 OSR2, Windows 98(シングルユーザの場合)
C:\Windows - (レジストリおよびプログラム設定)Windows95 OSR2, Windows 98(シングルユーザの場合)
C:\Windows\Profiles\ユーザ名 - Windows 95 OSR2, Windows 98(マルチユーザの場合)
C:\WINNT\Profiles\ユーザ名 - Windows NT
C:\Documents and Settings\ユーザ名 - Windows 2000, Windows XP, Windows Server 2003
C:\Users\ユーザ名 - Windows Vista, Windows 7


設定:

1、rsense.vimの配置(コピー)

>copy %RSENSE_HOME%\etc\rsense.vim %HOME%\vimfiles

2、_gvimrcファイルへの追記

let g:rsenseHome = '%RSENSE_HOME%'
source %HOME%\vimfiles\rsense.vim

3、config.rbスクリプトの実行

> ruby %RSENSE_HOME%\etc\config.rb > %HOME%\.rsense

4、rsense serverのスタートバッチファイルの作成(適当場場所に保存)

rsense_start.bat--------------------

@ECHO off

cd %RSENSE_HOME%
ruby bin/rsense server

-------------------------------------

5、rsense serverのストップバッチファイルの作成(適当場場所に保存)

rsense_stop.bat--------------------

@ECHO off

cd %RSENSE_HOME%
ruby bin/rsense exit

-------------------------------------


確認:

1、rsense_start.batを実行(rsense serverのスタート)

start: localhost:77367 (2940)
message: project opened: (sandbox)

2、gvimを起動

3、:RSenseVersionでバージョン情報が表示されることを確認

4、コード補完の確認の為、test.rbを作成

test.rb------------------
i=1
i.
--------------------------

5、上記のtest.rbの「i.」のドットを打った後に

^X ^O

でオムニ補完されるのを確認する



6、rsense_stop.batを実行(rsense serverのストップ)

以上
ラベル:ruby Rsense Gvim
posted by sige at 02:02| Comment(1) | rsense | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

コマンドプロンプトの代わりのターミナル(コマンドラインツール)としてmsys+minttyを使う

1. MSYS のダウンロードとインストール
以下のURLから新しいものをダウンロードしてください。
http://sourceforge.net/projects/mingw/files/Installer/mingw-get-inst/
後はダウンロードしてきた .exe ファイルを実行して、クリックしていけばインストール完了です。
※デフォルトでは、オプション選択画面で MSYS Basic System のところのチェックが外れているので、チェックしてください。

2. minttyをインストール
スタートメニューから"MinGW Shell"ショートカットを実行
例)
C:\MinGW\msys\1.0\msys.bat

mingw-get update
mingw-get upgrade
mingw-get install msys-mintty


3. minttyを実行する
"MinGW shell"のショートカットの"プロパティ"を開き、"リンク先"に"--mintty"オプションを入れて、実行
C:\MinGW\msys\1.0\msys.bat --mintty


問題点:
irb等の対話モードが機能しない
ラベル:MSYS mintty
posted by sige at 02:48| Comment(1) | msys | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

コマンドプロンプトの代わりのターミナル(コマンドラインツール)としてConsole2+nyaosを使う

1. Console2をダウンロード
http://sourceforge.net/projects/console/
解凍して適当なフォルダに解凍


2. nyaosをダウンロード
http://www.nyaos.org/
解凍して適当なフォルダに解凍


3. Console2のShellにnyaosを指定
console.exeを起動して、Edit->SettingsでShellにnyaosのexeを指定する。


4. 文字ずれ対策
[View|Console Window]を選択して、コンソールウィンドウを表示。
コンソールウィンドウの[プロパティ]を選択。
プロパティダイアログの[フォント]タブを選択。
フォントを「MS ゴシック」にすればOK。


5. 履歴を残すように設定する
nyaos.exe と同じフォルダに「.history」のファイル名等で空ファイルを用意する

※WindowsのGUI上では「.」から始まる名前のファイルを作ることはできませんのでhistoryという名前のファイルを.historyに変える場合は以下のコマンドを実行します。

"ren history .history"

nyaos.exe と同じフォルダにある _nyaファイル(設定ファイル)をエディタなどで開いて、

option savehist "C:\nyaos-3.2.0_0-win\.history"

のように、フルパスで1行追記する

追記する場所は、

.
.
.
option +backquote
option +history
option +nullcomplete
option +tilde
option +glob
option prompt $e[31;40;1m[$w]$_$$ $e[37;1m
option uncompletechar ,;=``

option savehist "C:\nyaos-3.2.0_0-win\.history"

foreach i (mkdir rmdir type md rd start )
alias $i $COMSPEC /c $i
end
.
.
.

と、「option uncompletechar ,;=``」と書いてある下ぐらいに追記します

※一番最後の行に追記したら、.historyファイルに書き込みませんでした

※.historyファイルに保存されるタイミングは、exitとコマンドを打つかCtrl+ZでNYACUSを終了させた場合となります
ウィンドウの右上の×ボタンで終了させるとヒストリはファイルに保存されないので注意してください


6. nyaosのコピー、削除、移動コマンドを変更する(aliasを設定する)
nyaos.exe と同じフォルダにある _nyaファイル(設定ファイル)をエディタなどで開いて、

alias cp copy
alias rm del
alias mv move

のように、追記する


7. nyaosの色については、nyaos_ja.txtファイルより
オプション ls_colors (あるいは 環境変数 LS_COLORS )に次のようなフォーマットで定義できます。

option ls_colors x1=v1:x2=v2:x3=v3…
or
set LS_COLORS=x1=v1:x2=v2:x3=v3…

x1 | 意味 |デフォルト
----+-----------------------+----------
fi | 普通のファイル | 1;37
di | ディレクトリ | 1;32
sy | システムファイル | 0;31
ro | 読み取り専用 | 0;34
hi | 隠しファイル | 1;35
ex | 実行可能ファイル | 1;33
ec | 初期化コード | 0

(例)
option ls_colors fi=37;1:di=34;1:sy=36;1:ro=31;1:hi=33;1:ex=32;1:ec=0
option ls_colors fi=37;1:di=32;1:sy=31;0:ro=34;0:hi=35;1:ex=33;1:ec=0
option ls_colors fi=37;1:di=36;1:sy=37;1:ro=37;1:hi=33;1:ex=37;1:ec=0


8. nyaosのプロンプトの表示の変更
nyaos.exe と同じフォルダにある _nyaファイル(設定ファイル)をエディタなどで開いて、
option prompt $e[31;40;1m[$w]$_$$ $e[37;1m
に、#を先頭に追記し

#option prompt $e[31;40;1m[$w]$_$$ $e[37;1m

とすると、通常のコマンドプロンプトと同様の表示になります

$a :&
$b :|
$c :(
$d :今日の日付
$e :エスケープシーケンス
$f :)
$g :>
$h :不明
$i :不明
$l :<
$n :現在のドライブ名
$p :カレントディレクトリのフルパス名
$q :=
$s :空白
$t :現在時刻
$v :シェルの名前(NYADOS or NYACUS or NYAOS-II)
$w :カレントディレクトリのベース名(パスのラストのみ)
$_ :改行
^ :これでも改行を表現できます
$$ :$(ドルマーク自身)


例)
option prompt $_$p$g $e[37;1m
とすると、

c:\Sites\todo>

のような表示となる


参考:
http://d.hatena.ne.jp/jyukutyo/20110126/1296136550
http://efcl.info/2011/0501/res2717/
http://d.hatena.ne.jp/t0m0/20101009/1286614739
http://qwerty777.s57.xrea.com/winunix/shell.htm
http://narazaka.blog109.fc2.com/blog-entry-100.html
http://www.itmedia.co.jp/help/tips/linux/l0372.html
http://hyamada.ddo.jp/hiki/hiki.cgi?ruby-win
http://leaf.dyndns.org/lumber/down/nyacus/bash_like.txt
http://childs.squares.net/program/nyaos/basic.html
ラベル:Console2 nyaos
posted by sige at 16:13| Comment(1) | console2 | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

rails3でgemパッケージ(ライブラリ)のインストール

例として、jpmobileのgemをインストールする場合

>rails new test

でtestプロジェクトを作成したとして、testディレクトリ内にできた
Gemfileファイル
をエディタで開き、適当な箇所に

gem "jpmobile"

と書き込みし、保存

以下のコマンドを実行

>bundle install

以上
ラベル:ruby Rails
posted by sige at 19:47| Comment(0) | rails | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

rails3とユーザー認証プラグイン- Devise-で、とりあえず「Sign up」「Sign in」「Sign out」ができるようにしてみる

OSは、winXPで
railsinstaller-1.2.0.exeをインストール済みが前提

1、rails new で、適当にrailsアプリを作る
2、Gemfileの最後に以下を追加

gem "devise"

3、Deviseをインストール

>bundle install

4、Deviseをアプリに組み込み

>rails generate devise:install
create config/initializers/devise.rb
create config/locales/devise.en.yml

===============================================================================

Some setup you must do manually if you haven't yet:

1. Setup default url options for your specific environment. Here is an
example of development environment:

config.action_mailer.default_url_options = { :host => 'localhost:3000' }

This is a required Rails configuration. In production it must be the
actual host of your application

2. Ensure you have defined root_url to *something* in your config/routes.rb.
For example:

       root :to => "home#index"


3. Ensure you have flash messages in app/views/layouts/application.html.erb.
For example:

       <p class="notice"><%= notice %></p>
<p class="alert"><%= alert %></p>


===============================================================================

5、上記のコメント(サンプル)に対応する

まず、
config/routes.rb------------------------------
root :to => "home#index"
Mysample1::Application.routes.draw do
resources :books
end

config/routes.rb end---------------------------

app/views/layouts/application.html.erb -------------------
<body>
<p class="notice"><%= notice %></p>
<p class="alert"><%= alert %></p>
<%= yield %>
</body>

app/views/layouts/application.html.erb end ----------------------


6、上記のコメントに合わせ、routes.rbに記述したhome コントローラの index アクションを生成

>rails generate controller home index

7、public/index.html を削除
8、「http://localhost:3000/」で、Home#indexが表示される
9、deviseのViewを生成する(app/viewsにdeviseフォルダを生成(数多くの ERB ファイルがその中に生成される))

>rails generate devise:views

10、Userモデルを作成

>rails generate devise user
>rake db:migrate

11、config/routes.rbに「devise_for :user」を追加

config/routes.rb------------------------------
root :to => "home#index"
devise_for :user # <- 追加!

Mysample1::Application.routes.draw do
resources :books
end

config/routes.rb end---------------------------

12、「http:localhost:3000/user/sign_in」で確認
13、ログイン時のみログアウトのリンクを表示するには、以下を「app/views/layouts/application.html.erb 」等に書き込む
<% if user_signed_in? %>
<%= link_to "Sign out", destroy_user_session_path, :method => :delete %>
<% end %>


以上

参考:
Rails3 × Deviseでユーザー認証機能を追加する
http://d.hatena.ne.jp/t-taira/20110101/1293843821

第12回: ユーザー認証(1)
http://www.oiax.jp/rails/rails3/authentication1.html

13さいの備忘録 : Rails3でログイン認証(1) deviseインストール編
http://blog.livedoor.jp/nizoraul/archives/3555323.html

Deviseでログイン時のみログアウトのリンクを表示する方法
http://d.hatena.ne.jp/kaorumori/20110811/1313647097
ラベル:Rails
posted by sige at 00:06| Comment(0) | rails | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

シンプルなrails3アプリを作る

OSは、winXPで
railsinstaller-1.2.0.exeをインストール済みが前提

1、アプリを作る
>rails new mysample1
>cd mysample1
>rails generate scaffold book title:string describe:text priority:integer
>rake db:migrate
>rails server

2、ブラウザに以下を打ち込む
http://localhost:3000/books
ラベル:Rails
posted by sige at 20:02| Comment(0) | rails | 更新情報をチェックする

2011年07月30日

rails3とMS SQL Server 2008 EXPRESSの接続

OSは、winXPで
railsinstaller-1.2.0.exeをインストールし、
そこに含まれているrails3で Microsoft SQL Server 2008 EXPRESS
に接続します

Microsoft SQL Server 2008 EXPRESSの事前準備

0、TCP/IP接続を有効にする

SQL Server 構成マネージャを起動し、画面の左側のツリーで
[SQL Server ネットワークの構成]−[SQLEXPRESSのプロトコル]を選択する。
これにより、右側に利用可能なプロトコルが一覧される。
この中の「TCP/IP」の項目を右クリックし、[有効化]を実行する。



Rails3の設定

1、Gemfileに追記

gem 'tiny_tds'
gem 'activerecord-sqlserver-adapter', '~> 3.0.15'

2、database.ymlに記述

development:
adapter: sqlserver
mode: dblib
dataserver: localhost\SQLEXPRESS
database: myapp_development
username: sa
password: secret
port: 1433


その他:

>rake db:migrate
rake aborted!
closed connection
(See full trace by running task with --trace)

と表示されたら、このページの「0、TCP/IP接続を有効にする」を参照してください

参考:

SQL Server 2005でネットワーク接続を有効にするには?
http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/dotnettips/545sqlsvrnet/sqlsvrnet.html

rails-sqlserver/activerecord-sqlserver-adapter - GitHub
https://github.com/rails-sqlserver/activerecord-sqlserver-adapter

Using TinyTDS - GitHub
https://github.com/rails-sqlserver/activerecord-sqlserver-adapter/wiki/Using-TinyTDS
ラベル:Rails
posted by sige at 18:34| Comment(1) | rails | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

gemでインストールしたのにエラーとなる場合は

gemでインストールしたのにエラーとなる場合は
rubygemsをrequireしているか確認し、requireしていなければrequireする

requireする方法:

1、ファイルの先頭に書く

#!ruby -Ku
require 'rubygems'
require 'Qt4'

2、ruby コマンドに "-rubygems" をつけてスクリプトを実行

>ruby -rubygems filename.rb

3、環境変数に追加

変数名「RUBYOPT」を新規作成し、変数値「-rubygems」を追加
ラベル:ruby
posted by sige at 00:58| Comment(2) | ruby | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

qtruby4-2.1.0-x86-mswin32.gemがOKなActiveScriptRuby

○ OK
ActiveScriptRuby(1.8.7-p249 --with-winsock2 --enable-tcltk-stub) Microsoft Installer Package

× NG
ActiveScriptRuby(1.8.7-p330 --with-winsock2 --enable-tcltk-stub) Microsoft Installer Package (1.8.7.36)
ラベル:QtRuby
posted by sige at 19:22| Comment(0) | QtRuby | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

プラットフォームがWindows かどうか判定する

if RUBY_PLATFORM.downcase =~ /mswin(?!ce)|mingw|cygwin|bccwin/
puts "Windows"
else
puts "not Windows"
end

参考:
あなたの Ruby コードを添削します 【第 5 回】 Miyako + MidoreDayBook + Lispもどき
プラットフォームの判別
ラベル:ruby
posted by sige at 22:05| Comment(0) | ruby | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

RailsInstallerのrubyにgemで「qtbindings」をインストールする

RailsInstallerのrubyに「qtbindings」をgemでインストールします
※RailsInstallerはデフォルトでインストール済みとします(ruby 1.8.7 (2010-12-23 patchlevel 330) [i386-mingw32])

>cd C:\RailsInstaller
>gem install qtbindings
Successfully installed qtbindings-4.6.3.2-x86-mingw32
1 gem installed
Installing ri documentation for qtbindings-4.6.3.2-x86-mingw32...
Installing RDoc documentation for qtbindings-4.6.3.2-x86-mingw32...
>

動作確認をする為、
require 'Qt4'

app = Qt::Application.new(ARGV)
Qt::TextCodec::setCodecForTr(Qt::TextCodec::codecForName("Shift-JIS"))

hello = Qt::Label.new('Hello World!')
hello.window_title = 'Hello World! QtRuby'
hello.resize(260, 60)
hello.show()

app.exec()

このスクリプトをmain_simple.rbとファイル名をつけて
>ruby -rubygems main_simple.rb
で、実行し問題なし

しかし、
別のスクリプトだと・・・・・、
#main.rb
#!ruby -Ks

require 'Qt4'
require 'mainwindow.rb'

app = Qt::Application.new(ARGV)
Qt::TextCodec::setCodecForTr(Qt::TextCodec::codecForName("Shift-JIS"))

mainWin = MyWidget.new
mainWin.show
app.exec

#mainwindow.rb
#!ruby -Ks
# -*- coding: japanese-cp932 -*-

class MyWidget < Qt::Widget
slots 'onBtnClickMeClicked()'
def initialize
super()
@times=0
init_comp
end
def init_comp
self.setWindowTitle('Hello, World!')
self.resize(200, 300) #w, h
self.setGeometry(300, 300, 250, 150) #x, y, w, h
self.setToolTip("Simple Widget")
vlay=Qt::VBoxLayout.new
#Add a lbl..
@lbltext=Qt::Label.new("empty")
vlay.addWidget(@lbltext)
setLayout(vlay)
end

end

このスクリプトを実行すると
>ruby -rubygems main.rb
./mainwindow.rb:12: [BUG] Segmentation fault
ruby 1.8.7 (2010-12-23 patchlevel 330) [i386-mingw32]
This application has requested the Runtime to terminate it in an unusual way.
Please contact the application's support team for more information.
>
とエラーとなった

対策:
README.txtに
Windows - Note: Only necessary for debugging (binary gem available)
1. mingw from the Qt SDK in your path: ie C:\Qt\2010.04\mingw\bin
と、書いてあったので

qt-sdk-win-opensource-2010.04.exe

をダウンロードし、インストール(デフォルトで。)したところ、エラーが解消された



qt-sdk-win-opensource-2010.04.exeでインストールしたファイル(フォルダ)の中で
C:\Qt\2010.04\bin
C:\Qt\2010.04\qt\plugins
があれば、スクリプトはエラーなく動くようです

環境変数 PATHに"C:\Qt\2010.04\bin"を追加しなくても使えています
逆に、上記のインストール時のデフォルト以外の場所にフォルダを移したりフォルダ名を変更等するとエラーとなった
ラベル:QtRuby
posted by sige at 23:50| Comment(0) | QtRuby | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

Windows XPのデフォルトで使える環境変数の一部

%ALLUSERSPROFILE%
C:\Documents and Settings\All Users

%USERNAME%
ログオンしているユーザー名

%HOMEPATH%
C:\Documents and Settings\%USERNAME%

%USERPROFILE%
C:\Documents and Settings\%USERNAME%

%APPDATA%
C:\Documents and Settings\%USERNAME%\Application Data

%PROGRAMFILES%
C:\Program Files

%CommonProgramFiles%
C:\Program Files\Common Files
ラベル:WinXP
posted by sige at 09:15| winXP | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。