2009年06月03日

rubyでGUIアプリ Ruby-GNOME2のインストールとHello World!

Ruby-GNOME2とは:
GTK+-2.x, GNOME-2.x開発環境をオブジェクト指向スクリプト言語Rubyから利用するための拡張ライブラリを開発・公開するプロジェクトのことです。又、このプロジェクトが提供している拡張ライブラリのパッケージを指します。

サイト:
Ruby-GNOME2 Project Website

日本語対応 :
utf-8に対応、shift_jisに未対応

必要なライブラリ等:
GNOME2/Gtk+ などの関連ライブラリ
※Ruby-GNOME2 Projectでパッケージにしているruby-gnome2-0.16.0-1-i386-mswin32.exeなど

インストール:
※One Click Ruby Installerにてrubyを既にインストールされているものとします(One Click Ruby Installerのインストール方法はこちら

1,Ruby-GNOME2 Project Websiteより
ruby-gnome2-0.16.0-1-i386-mswin32.exe
をディスクトップ等適当な場所に保存してください
ダウンロードしたruby-gnome2-0.16.0-1-i386-mswin32.exeをクリック
デフォルト設定のままインストール
※補足
・Register Environment Variables:チェックを外れたままでOK
・Choose the install directory:インストール先のディレクトリは変更可能ですが、必ずRubyがインストールされているトップフォルダを選択するようにしてください


使ってみる:

#プログラムを書く
1,エディタを起動し、以下のプログラムを書き、ファイル名に「gui_gnome2_sample.rb」とつけて適当な場所に保存する ※UTF-8で保存してください

require 'gtk2'

lbl = Gtk::Label.new("こんにちは、世界!")

window = Gtk::Window.new
window.signal_connect("destroy") {
Gtk.main_quit
}
window.title="Hello World! GNOME2"
window.set_default_size(260,60)
window.add(lbl)
window.show_all

Gtk.main

#プログラムを実行する
2,コマンドプロンプトより、gui_gnome2_sample.rbと打ち込んで、Enterキーを押す
>gui_gnome2_sample.rb


#確認

3,実行結果


その他:
サンプルの場所は、
C:\ruby\samples\ruby-gnome2

関連サイト:
Glade, Ruby/Libglade2チュートリアル
posted by sige at 00:05| Comment(0) | Ruby-GNOME2 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。