2011年10月18日

rails3でgemパッケージ(ライブラリ)のインストール

例として、jpmobileのgemをインストールする場合

>rails new test

でtestプロジェクトを作成したとして、testディレクトリ内にできた
Gemfileファイル
をエディタで開き、適当な箇所に

gem "jpmobile"

と書き込みし、保存

以下のコマンドを実行

>bundle install

以上
ラベル:ruby Rails
posted by sige at 19:47| Comment(0) | rails | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

rails3とユーザー認証プラグイン- Devise-で、とりあえず「Sign up」「Sign in」「Sign out」ができるようにしてみる

OSは、winXPで
railsinstaller-1.2.0.exeをインストール済みが前提

1、rails new で、適当にrailsアプリを作る
2、Gemfileの最後に以下を追加

gem "devise"

3、Deviseをインストール

>bundle install

4、Deviseをアプリに組み込み

>rails generate devise:install
create config/initializers/devise.rb
create config/locales/devise.en.yml

===============================================================================

Some setup you must do manually if you haven't yet:

1. Setup default url options for your specific environment. Here is an
example of development environment:

config.action_mailer.default_url_options = { :host => 'localhost:3000' }

This is a required Rails configuration. In production it must be the
actual host of your application

2. Ensure you have defined root_url to *something* in your config/routes.rb.
For example:

       root :to => "home#index"


3. Ensure you have flash messages in app/views/layouts/application.html.erb.
For example:

       <p class="notice"><%= notice %></p>
<p class="alert"><%= alert %></p>


===============================================================================

5、上記のコメント(サンプル)に対応する

まず、
config/routes.rb------------------------------
root :to => "home#index"
Mysample1::Application.routes.draw do
resources :books
end

config/routes.rb end---------------------------

app/views/layouts/application.html.erb -------------------
<body>
<p class="notice"><%= notice %></p>
<p class="alert"><%= alert %></p>
<%= yield %>
</body>

app/views/layouts/application.html.erb end ----------------------


6、上記のコメントに合わせ、routes.rbに記述したhome コントローラの index アクションを生成

>rails generate controller home index

7、public/index.html を削除
8、「http://localhost:3000/」で、Home#indexが表示される
9、deviseのViewを生成する(app/viewsにdeviseフォルダを生成(数多くの ERB ファイルがその中に生成される))

>rails generate devise:views

10、Userモデルを作成

>rails generate devise user
>rake db:migrate

11、config/routes.rbに「devise_for :user」を追加

config/routes.rb------------------------------
root :to => "home#index"
devise_for :user # <- 追加!

Mysample1::Application.routes.draw do
resources :books
end

config/routes.rb end---------------------------

12、「http:localhost:3000/user/sign_in」で確認
13、ログイン時のみログアウトのリンクを表示するには、以下を「app/views/layouts/application.html.erb 」等に書き込む
<% if user_signed_in? %>
<%= link_to "Sign out", destroy_user_session_path, :method => :delete %>
<% end %>


以上

参考:
Rails3 × Deviseでユーザー認証機能を追加する
http://d.hatena.ne.jp/t-taira/20110101/1293843821

第12回: ユーザー認証(1)
http://www.oiax.jp/rails/rails3/authentication1.html

13さいの備忘録 : Rails3でログイン認証(1) deviseインストール編
http://blog.livedoor.jp/nizoraul/archives/3555323.html

Deviseでログイン時のみログアウトのリンクを表示する方法
http://d.hatena.ne.jp/kaorumori/20110811/1313647097
ラベル:Rails
posted by sige at 00:06| Comment(0) | rails | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

シンプルなrails3アプリを作る

OSは、winXPで
railsinstaller-1.2.0.exeをインストール済みが前提

1、アプリを作る
>rails new mysample1
>cd mysample1
>rails generate scaffold book title:string describe:text priority:integer
>rake db:migrate
>rails server

2、ブラウザに以下を打ち込む
http://localhost:3000/books
ラベル:Rails
posted by sige at 20:02| Comment(0) | rails | 更新情報をチェックする

2011年07月30日

rails3とMS SQL Server 2008 EXPRESSの接続

OSは、winXPで
railsinstaller-1.2.0.exeをインストールし、
そこに含まれているrails3で Microsoft SQL Server 2008 EXPRESS
に接続します

Microsoft SQL Server 2008 EXPRESSの事前準備

0、TCP/IP接続を有効にする

SQL Server 構成マネージャを起動し、画面の左側のツリーで
[SQL Server ネットワークの構成]−[SQLEXPRESSのプロトコル]を選択する。
これにより、右側に利用可能なプロトコルが一覧される。
この中の「TCP/IP」の項目を右クリックし、[有効化]を実行する。



Rails3の設定

1、Gemfileに追記

gem 'tiny_tds'
gem 'activerecord-sqlserver-adapter', '~> 3.0.15'

2、database.ymlに記述

development:
adapter: sqlserver
mode: dblib
dataserver: localhost\SQLEXPRESS
database: myapp_development
username: sa
password: secret
port: 1433


その他:

>rake db:migrate
rake aborted!
closed connection
(See full trace by running task with --trace)

と表示されたら、このページの「0、TCP/IP接続を有効にする」を参照してください

参考:

SQL Server 2005でネットワーク接続を有効にするには?
http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/dotnettips/545sqlsvrnet/sqlsvrnet.html

rails-sqlserver/activerecord-sqlserver-adapter - GitHub
https://github.com/rails-sqlserver/activerecord-sqlserver-adapter

Using TinyTDS - GitHub
https://github.com/rails-sqlserver/activerecord-sqlserver-adapter/wiki/Using-TinyTDS
ラベル:Rails
posted by sige at 18:34| Comment(1) | rails | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

rails3のroutes.rbの「match ':controller(/:action(/:id(.:format)))'」について

Routing Errorが出る時(rails2はOKなのに・・・3だと・・・)は、
  ・
  ・
  ・
# This is a legacy wild controller route that's not recommended for RESTful applications.
# Note: This route will make all actions in every controller accessible via GET requests.
# match ':controller(/:action(/:id(.:format)))'


          ↓

  ・
  ・
  ・
# This is a legacy wild controller route that's not recommended for RESTful applications.
# Note: This route will make all actions in every controller accessible via GET requests.
match ':controller(/:action(/:id(.:format)))'

のように、最後の行( # match ':controller(/:action(/:id(.:format)))')の冒頭の「#」を外し、有効にする
と、解決する場合がある
ラベル:ruby Rails
posted by sige at 09:06| rails | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。