2010年08月08日

QtRubyのQDateEdit



#!ruby -Ks
require 'Qt4'

app = Qt::Application.new(ARGV)
d = Qt::DateEdit.new
d.show()
app.exec()


#
上記、スクリプトを実行するには、
コマンドプロンプトでrubyスクリプトを実行する
NetBeansでrubyスクリプトを実行する
SciTEエディタでrubyスクリプトを実行する
の内、好みの方法を参照してください
ラベル:ruby QtRuby
posted by sige at 16:19| Comment(0) | QtRuby | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

QtRubyのQComboBox



#!ruby -Ks
require 'Qt4'

app = Qt::Application.new(ARGV)
window = Qt::Widget.new
window.setWindowTitle("QComboBox")

combobox = Qt::ComboBox.new
combobox.addItem("item1")
combobox.addItem("item2")
combobox.addItem("item3")

layout = Qt::VBoxLayout.new
layout.addWidget(combobox)
window.setLayout(layout)

window.show()
app.exec()


#
上記、スクリプトを実行するには、
コマンドプロンプトでrubyスクリプトを実行する
NetBeansでrubyスクリプトを実行する
SciTEエディタでrubyスクリプトを実行する
の内、好みの方法を参照してください
ラベル:ruby QtRuby
posted by sige at 00:09| Comment(0) | QtRuby | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

QtRubyのQSpinBox



#!ruby -Ks
require 'Qt4'

app = Qt::Application.new(ARGV)
window = Qt::Widget.new
window.setWindowTitle("QSpinBox")

spinbox = Qt::SpinBox.new
spinbox.setRange(0,10)

layout = Qt::VBoxLayout.new
layout.addWidget(spinbox)
window.setLayout(layout)

window.show()
app.exec()



#
上記、スクリプトを実行するには、
コマンドプロンプトでrubyスクリプトを実行する
NetBeansでrubyスクリプトを実行する
SciTEエディタでrubyスクリプトを実行する
の内、好みの方法を参照してください
ラベル:ruby QtRuby
posted by sige at 22:46| Comment(0) | QtRuby | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

QtRubyのQTreeView



#!ruby -Ks
require 'Qt4'

app = Qt::Application.new(ARGV)
model = Qt::DirModel.new
tree = Qt::TreeView.new
tree.setModel(model)
tree.setSortingEnabled(true)
tree.setWindowTitle("QTreeView")

tree.show()
app.exec()


#
上記、スクリプトを実行するには、
コマンドプロンプトでrubyスクリプトを実行する
NetBeansでrubyスクリプトを実行する
SciTEエディタでrubyスクリプトを実行する
の内、好みの方法を参照してください
ラベル:QtRuby ruby
posted by sige at 22:34| Comment(0) | QtRuby | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

QtRubyのQListView



#!ruby -Ks
require 'Qt4'

app = Qt::Application.new(ARGV)
model = Qt::DirModel.new
list = Qt::ListView.new
list.setModel(model)
list.setRootIndex(model.index(Qt::Dir::rootPath()))
list.setWindowTitle("QListView")

list.show()
app.exec()


#
上記、スクリプトを実行するには、
コマンドプロンプトでrubyスクリプトを実行する
NetBeansでrubyスクリプトを実行する
SciTEエディタでrubyスクリプトを実行する
の内、好みの方法を参照してください
ラベル:QtRuby ruby
posted by sige at 07:58| Comment(0) | QtRuby | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

QtRubyのQFrame




#!ruby -Ks
require 'Qt4'

app = Qt::Application.new(ARGV)
window = Qt::Widget.new
window.setWindowTitle("QFrame")

label1 = Qt::Label.new('QFrame')
label1.setFrameStyle(Qt::Frame::Panel | Qt::Frame::Raised)
label1.setLineWidth(3)

label2 = Qt::Label.new('No QFrame')

layout = Qt::VBoxLayout.new
layout.addWidget(label1)
layout.addWidget(label2)
window.setLayout(layout)

window.show()
app.exec()


#
上記、スクリプトを実行するには、
コマンドプロンプトでrubyスクリプトを実行する
NetBeansでrubyスクリプトを実行する
SciTEエディタでrubyスクリプトを実行する
の内、好みの方法を参照してください
ラベル:ruby QtRuby
posted by sige at 00:11| Comment(0) | QtRuby | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

QtRubyのQGroupBox



#!ruby -Ks
require 'Qt4'

app = Qt::Application.new(ARGV)
window = Qt::Widget.new
window.setWindowTitle("QGroupBox")

groupbox = Qt::GroupBox.new('Button Group')

button1 = Qt::RadioButton.new('RadioButton1')
button2 = Qt::RadioButton.new('RadioButton2')
button3 = Qt::RadioButton.new('RadioButton3')

grouplayout = Qt::VBoxLayout.new
grouplayout.addWidget(button1)
grouplayout.addWidget(button2)
grouplayout.addWidget(button3)

groupbox.setLayout(grouplayout)

layout = Qt::VBoxLayout.new
layout.addWidget(groupbox)
window.setLayout(layout)

window.show()
app.exec()


#
上記、スクリプトを実行するには、
コマンドプロンプトでrubyスクリプトを実行する
NetBeansでrubyスクリプトを実行する
SciTEエディタでrubyスクリプトを実行する
の内、好みの方法を参照してください
ラベル:QtRuby ruby
posted by sige at 23:33| Comment(0) | QtRuby | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

QtRubyのQRadioButton



#!ruby -Ks
require 'Qt4'

app = Qt::Application.new(ARGV)
window = Qt::Widget.new
window.setWindowTitle("QRadioButton")

button1 = Qt::RadioButton.new('RadioButton1')
button2 = Qt::RadioButton.new('RadioButton2')

layout = Qt::VBoxLayout.new
layout.addWidget(button1)
layout.addWidget(button2)
window.setLayout(layout)

window.show()
app.exec()


#
上記、スクリプトを実行するには、
コマンドプロンプトでrubyスクリプトを実行する
NetBeansでrubyスクリプトを実行する
SciTEエディタでrubyスクリプトを実行する
の内、好みの方法を参照してください
ラベル:QtRuby ruby
posted by sige at 14:33| Comment(0) | QtRuby | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

QtRubyのQCheckBox



#!ruby -Ks
require 'Qt4'

app = Qt::Application.new(ARGV)
window = Qt::Widget.new
window.setWindowTitle("QCheckBox")

box1 = Qt::CheckBox.new('CheckBox1')
box2 = Qt::CheckBox.new('CheckBox2')

layout = Qt::VBoxLayout.new
layout.addWidget(box1)
layout.addWidget(box2)
window.setLayout(layout)

window.show()
app.exec()


#
上記、スクリプトを実行するには、
コマンドプロンプトでrubyスクリプトを実行する
NetBeansでrubyスクリプトを実行する
SciTEエディタでrubyスクリプトを実行する
の内、好みの方法を参照してください
ラベル:QtRuby ruby
posted by sige at 13:40| Comment(0) | QtRuby | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

QtRubyのQPushButton




#!ruby -Ks
require 'Qt4'

app = Qt::Application.new(ARGV)
window = Qt::Widget.new
window.setWindowTitle("QPushButton")

button1 = Qt::PushButton.new('START')
button2 = Qt::PushButton.new('EXIT')

layout = Qt::VBoxLayout.new
layout.addWidget(button1)
layout.addWidget(button2)
window.setLayout(layout)

window.show()
app.exec()


#
上記、スクリプトを実行するには、
コマンドプロンプトでrubyスクリプトを実行する
NetBeansでrubyスクリプトを実行する
SciTEエディタでrubyスクリプトを実行する
の内、好みの方法を参照してください
ラベル:QtRuby ruby
posted by sige at 12:48| Comment(0) | QtRuby | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

QtRubyへC++で書かれたQtプログラムを書き換える

以下は、C++ -> QtRubyに変更した1例です


C++ ---------------------------------------------------

#include
#include

int main(int argc, char** argv)
{
QApplication app(argc, argv);
QLabel* label = new QLabel("Hello Qt!");
label->show();
return app.exec();
}


ruby ---------------------------------------------------

#!ruby -Ks
require 'Qt4'

# QApplication app(argc, argv); <- C++
app = Qt::Application.new(ARGV)

# QLabel *label = new QLabel("Hello Qt!"); <- C++
label = Qt::Label.new('Hello Qt!')

# label->show(); <- C++
label.show()

# return app.exec(); <- C++
app.exec()


#
上記、スクリプトを実行するには、
コマンドプロンプトでrubyスクリプトを実行する
NetBeansでrubyスクリプトを実行する
SciTEエディタでrubyスクリプトを実行する
の内、好みの方法を参照してください
ラベル:ruby QtRuby
posted by sige at 06:54| Comment(0) | QtRuby | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

qtrubyでWindows 機種依存文字を表示する

#!ruby -Ks

と、書けば日本語OKとなりますが、

#!ruby -Ks
require 'Qt'

app = Qt::Application.new(ARGV)

hello = Qt::Label.new("文字の表示ができた!")
hello.resize(500, 30)
hello.window_title = "文字の表示ができた!"
hello.show()

app.exec()





但し、Windows機種依存文字を使うと文字化けしてしまいます
#!ruby -Ks
require 'Qt'

app = Qt::Application.new(ARGV)

hello = Qt::Label.new("g@AVなどのWindows機種依存文字の表示ができた!")
hello.resize(500, 30)
hello.window_title = "g@AVなどのWindows機種依存文字の表示ができた!"
hello.show()

app.exec()





Windows機種依存文字を表示させる為には、以下の方法があるようです


方法:

環境変数に、UNICODEMAP_JPをセットする

変数名: UNICODEMAP_JP
変数値: ccp932,nec-vdc,ibm-vdc

 環境変数を設定した後、
 先ほどのrbファイルを実行してください


このように、Windows機種依存文字を表示させることができるようになります


その他、
qtrubyでは、

Qt::TextCodec

を利用して文字コードを指定することも可能です

システム環境の文字コードで指定

Qt::TextCodec::setCodecForCStrings(Qt::TextCodec::codecForLocale())
Qt::TextCodec::setCodecForTr(Qt::TextCodec::codecForLocale())


#!ruby -Ks
require 'Qt'

Qt::TextCodec::setCodecForCStrings(Qt::TextCodec::codecForLocale());
Qt::TextCodec::setCodecForTr(Qt::TextCodec::codecForLocale());

app = Qt::Application.new(ARGV)

hello = Qt::Label.new(Qt::Object::tr("g@AVなどのWindows機種依存文字の表示ができた!"))
hello.resize(500, 30)
hello.window_title = "g@AVなどのWindows機種依存文字の表示ができた!"
hello.show()

app.exec()



特定の文字コードを指定 (以下はUTF-8の場合)※以下の場合、ファイルはUTF-8(BOMなし)で保存すること

Qt::TextCodec::setCodecForCStrings(Qt::TextCodec::codecForName("UTF-8"))
Qt::TextCodec::setCodecForTr(Qt::TextCodec::codecForName("UTF-8"))



#!ruby -Ku
require 'Qt'

Qt::TextCodec::setCodecForCStrings(Qt::TextCodec::codecForName("UTF-8"));
Qt::TextCodec::setCodecForTr(Qt::TextCodec::codecForName("UTF-8"));

app = Qt::Application.new(ARGV)

hello = Qt::Label.new(Qt::Object::tr("g@AVなどのWindows機種依存文字の表示ができた!"))
hello.resize(500, 30)
hello.window_title = "g@AVなどのWindows機種依存文字の表示ができた!"
hello.show()

app.exec()





#
上記、スクリプトを実行するには、
コマンドプロンプトでrubyスクリプトを実行する
NetBeansでrubyスクリプトを実行する
SciTEエディタでrubyスクリプトを実行する
の内、好みの方法を参照してください


#参照先
Qt の文字コード変換を制御する環境変数 UNICODEMAP_JP
日本語の表示
ラベル:ruby QtRuby
posted by sige at 20:55| Comment(0) | QtRuby | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

rubyでGUIアプリ WideStudio/MWTのインストールとHello World!

WideStudio/MWTとは:
WideStudio/MWTは、Windows95/98/Me/NT/2000/Xp/Vista、WindowsCE、PocketPC、Linux、 FreeBSD、 SOLARIS、 MacOSX(X11が必要です)、BTRON、T-Engine、μCLinux(X11無し)上で動作するGUIアプリケーションを構築するための C/C++、Java、Perl、Ruby、Python、Ocaml の純国産のオープンソースのデスクトップアプリケーション統合開発環境です。

サイト:
WideStudio/MWT Home page

日本語対応 :
Sift_JIS

必要なライブラリ等:
WideStudio/MWT

インストール:

※Rumix1.0にてrubyを既にインストールされているものとします(Rumixのインストール方法はこちら

1, WideStudio/MWT Home pageサイトより
wswin398-5.zip
をダウンロードし、適当な場所に保存してください
2,wswin398-5.zipを適当な場所に解凍します
3,解凍してできたフォルダの中にあるsetupj.exeをダブルクリックしインストール


  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓


4,デスクトップにできたショートカットをクリックし起動させる
#起動画面



使ってみる:
#プログラムを書く
#プログラムを実行する
方法は、プログラミングガイド (Ruby 言語)の第3章 サンプルプログラム編に書かれています

実行結果

一部修正:object.setProperty("labelString","hello")  → object.setProperty("labelString","こんにちは、世界!")
posted by sige at 00:10| Comment(0) | WideStudio/MWT | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

VisualuRuby(vruby)の目次

VisualuRuby(vruby)カテゴリの目次(リスト)です

1,
Rubyはじめました: rubyでGUIアプリ VisualuRuby(vruby)のインストールとHello World!

2,
Rubyはじめました: vrubyでフォームの作成 (module編)

3,
Rubyはじめました: vrubyでフォームの作成 (class編)

4,
Rubyはじめました: vrubyで複数行のテキストボックス(VRText)の作成

5,
Rubyはじめました: vrubyで1行のテキストボックス(VREdit)の作成

6,
Rubyはじめました: vrubyでラベル(VRStatic)の作成

7,
Rubyはじめました: vrubyでのウインドウスタイル(Window Styles)

8,
Rubyはじめました: vrubyで定義されていないウインドウスタイル(Window Styles)を自力で定義する

9,
Rubyはじめました: vrubyでボタン(VRButton)の作成

10,
Rubyはじめました: vrubyでボタンをクリックするとテキストボックスに入力した値をラベルに表示するメソッドの作成

11,
Rubyはじめました: vrubyでラジオボタン(VRRadiobutton)とチェックボックス(VRCheckbox)の作成

12,
Rubyはじめました: vrubyでボタンをクリックすると、グループボックス(VRGroupbox)にセットしたラジオボタンとチェックボックスのどれが選択されたかを表示する。及び、ラジオボタンを選択したときにメッセージボックスを表示させるメソッドの作成

13,
Rubyはじめました: vrubyでリストボックス(VRListbox)の作成

14,
Rubyはじめました: vrubyでコンボボックス(VRCombobox)の作成

15,
Rubyはじめました: vrubyで編集可能なコンボボックス(VREditCombobox)の作成
posted by sige at 14:10| Comment(0) | VisualuRuby(vruby)の目次 | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

qtruby4-2.1.0-x86-mswin32.gemでインストールしたQtRubyのサンプルプログラムの画像

qtruby4-2.1.0-x86-mswin32.gemでインストールしたQtRubyのサンプルプログラムのサンプルを実行し、最初に立ち上がった画面をキャプチャしました
 ※立ち上がらなかったサンプルは「error」と記しています
 ※実行環境は、winXP、ruby1.8.7 、qtruby4-2.1.0-x86-mswin32.gem、nmake15.exeです

designer\calculatorbuilder
error

designer\calculatorform


desktop\screenshot
error

desktop\systray

続きを読む
ラベル:ruby QtRuby
posted by sige at 23:51| Comment(0) | QtRuby | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。